ギモン解決!鼻水吸引機の購入ガイド

LINE UP

トップページ > 鼻水吸引器について > 鼻水吸引器の種類とタイプ別のメリット

鼻水吸引器の種類とタイプ別のメリット

鼻水吸引器は新生児から大人まで幅広く使える物があります。
手軽に使える物としては手動式があります。
手動式の場合は電気を使わなくても済むので、停電時や出先でも気軽に使えるでしょう。
小型で軽めの物も多く、持ち運びも楽です。
乳児がいる場合には、替えの紙おむつやミルク等と一緒に持ち運べますし、災害時に避難する時のため非常用持ち出し袋に入れておくこともできます。
ストローのような形状をしていて、管部分を鼻に入れてから口で吸い出すタイプと、端に付いているポンプを手で押して空気の力で鼻水を吸引するタイプに分かれます。
口で吸い出すタイプは、息を調節しながら吸引できるため、粘度のある鼻水も排出させやすいでしょう。
しかし、吸い込み加減によっては吸引した方に風邪が移ってしまうこともあるので注意が必要です。
また、小さい子供に鼻水吸引器を利用する場合には、両手がふさがって処置がしにくいこともあるので注意してください。
風邪が移ると困る場合や子供が暴れて困る場合は、手動のポンプ式を使うといいでしょう。
吸引力は口で吸い出すよりも弱い傾向にあります。
できれば、粘度のある鼻水を吸引する時は、入浴後に鼻水が柔らかくなっている状態の時に行うと出しやすくなるでしょう。


手動式の鼻水吸引器を利用すると、鼻の奥に固まっている鼻水を出すのが大変なことがあります。
花粉症や通年性の鼻炎等でしつこい鼻づまりに困っている場合は、電気式の鼻水吸引器を使った方がいい場合があります。
出先でも手軽に使う場合には、電池式の物を選ぶと便利です。
しかし、電池の残量が少なくなるとモーターの力が落ちて、満足な吸引力が引き出せないこともあるでしょう。
鼻づまりがかなり酷く、自宅でも頻繁に使う場合は据え置き式の鼻水吸引器の方が向いています。
据え置き式は、2万円くらいから販売されていることが多く値段が高いのが特徴です。
しかし、プラグを使って十分な電力が見込めるので、吸引力が低下することがありません。
部品が多く、吸い出した鼻水を受けるカップや鼻に挿入するチューブなどの洗浄や消毒等の手間が欠かせませんが、安全に使えるでしょう。
大人の花粉症対策としても使えますし、高齢者がいる場合に痰吸引器としても利用することもできます。


据え置き式の電気鼻水吸引器を使う場合、チューブの取り替えが必要になります。
部品の破損の心配もあるので購入する場合は、チューブ等の付属品を多く扱っている店舗を選ぶといいでしょう。
チューブの太さや形状は対応する機種であれば色々選べます。
子供の鼻に入れやすいオリーブ型のチューブや直径が細めのチューブなどもあります。
丈夫で鼻を傷つけにくいシリコンタイプの物もありますし、鼻水が吸い出せたかどうか確認しやすい透明なガラス管のタイプも用意されている場合もあるでしょう。
鼻の奥に鼻水が溜まっている場合は、傷が付きにくく細めのタイプを利用するといいですし、奥まで入れるのを嫌がる子供にはオリーブ型のタイプが人気があります。
鼻にチューブを入れるのに入れすぎて傷が付く心配がある方もいるでしょうが、目安となる長さの所に油性のフェルトペンで印を付けておけば、入れすぎを防止することもできるでしょう。