ギモン解決!鼻水吸引機の購入ガイド

LINE UP

トップページ > 鼻水吸引器について > 鼻水吸引器とはどのようなものなのか

鼻水吸引器とはどのようなものなのか

鼻水吸引器なるものが世の中に存在するということを知っているのは、ある経験をしている人に限定されるでしょう。
それは、子育てを経験した女性です。
もちろん、妻が子育てをするのを隣で見ていた夫なら、男性でも鼻水吸引器がどのような物で、どんな用途に用いられるかを知っているでしょう。
さらに、妻に教えてもらって、我が子の鼻水を吸引した経験のある男性もいるかもしれません。
赤ちゃんはもちろんのこと、3歳くらいになるまでの子供というのは、自分で鼻をかむという行為ができないとされています。
そのため、鼻水が大量に出ていたり、あるいは鼻づまりで苦しそうにしているとなれば、何らかの対処をしてやらなければなりません。
我が子がつらそうにしていたら、親としては何とかしてやらなければと思うでしょう。


そもそも鼻水というのは、体の中に侵入したウイルスを洗い流すために出る物ですし、鼻づまりの状態においては、ウイルスが常に鼻の中にとどまってしまうことになります。
できるだけ鼻をかんで、体の外にウイルスを含んだ鼻水を出すのがいいのですが、それが自力でできないとなると、何かアイテムを使わざるを得ません。
鼻水、鼻詰まりをそのまま放置していると、中耳炎になったり、結膜炎を起こしたりすることがあります。
また、風邪を引いて鼻水、鼻づまりになっているということであれば、気管支炎につながる恐れもあり、油断できません。
このように、実は怖いものである鼻水、鼻詰まりを解消するためのアイテムが、鼻水吸引器というわけです。
このことを知っていれば、子育て真っ最中というお母さんや、これから出産予定という女性は、一つ持っておくと安心です。


赤ちゃんの時から使っていれば、子供もこれを使えば楽になれると認識してくれます。
そのため、言葉によるコミュニケーションがむずかしい赤ちゃんにとって最適な鼻水吸引器を選べば、失敗がないといえます。
赤ちゃんに使いやすい鼻水吸引器の条件として、吸引力をある程度調節できるものを選ぶことが大事です。
あまり強く吸い過ぎても困りますし、吸い込む力が弱く、時間がかかると、赤ちゃんが嫌がってしまいます。
さらに赤ちゃんの小さな鼻に差し込むことになりますので、ノズルの太さや長さといった安全性も気になります。
これら二つの条件は、赤ちゃんが怖がらない鼻水吸引器ということにもなりますので、慎重に選ぶのがいいでしょう。
また、ウイルスを含む鼻水を吸い取るだけに、お手入れがしやすく、いつも清潔に使えるものを選ぶことも重要です。